商店街の歴史

弥刀・長瀬・大蓮地区

1964年、昭和39年頃からその頃大蓮地域は布施町で今の様に住宅はなく

緑地に指定された町である。
それから年間に住宅が立ち並びました。

大阪近辺から移り住んで来た人達で人口増加して大きな街が出来ました。
昭和46年の頃、学校が中学校、小学校が4ヶ所となり幼稚園も増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのtopへ