商店街の歴史

若江岩田・花園地区

若江岩田駅周辺は、大阪市に隣接する東大阪市の中地区で、大正3年に現在の駅が設置されました。

終戦後、駅周辺地域の人口の増加に伴い、商店街が発展しました。

商店街の地域は、駅の北部の中央商店街、北本通商店街、駅の南部の岩田本通商店街、一番商店街、若江商店街と5つの商店街組織に分かれて、構成されています。

現在、若江岩田地域商店街を取り巻く環境は厳しく、かつて、各商店街毎にあった

5つの市場が減少し、近郊の大型商業施設やコンビニ、ディスカウントなど、

商業集積地域の競合が激化しています。

今後は、駅前再開発に伴う高架事業の完成により、若江岩田駅周辺の商業地域の

活性化に期待するところであります。

 

近鉄若江岩田駅前(昭和35年-1960年頃)

近鉄バスが駅前に乗り入れていた。

昭和60年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのtopへ